【副業】ウェブライターで月に0円から30万稼げるようになった軌跡を紹介

c97c5117ed7266263934dc84fc25fa33_s

ライターをやって稼げるの?という不安は誰でも感じてしまいます。結局その不安が尾を引いてしまい、ライターをやってみたいけど足踏みしてしまうこともあります。

僕自身の経験からいうと、稼げます。僕もライターを始めた時は0円からスタートし、現在は25?30万円ほどの収入があります。上には上がおり、まだまだライターの収入としては少ない部類ではあるのですが・・・。今回は0円から30万円稼げるようになるまでの軌跡を紹介していきます。

15万円までは記事量重視で作業

ab10e8e254dbb0706308407f27300bed_s

ライターを始めた時は実績もない状態だったので、当然単価の高い仕事は得られず、1文字1円ほどの案件がほとんどでした。僕の場合、この時点で仕事はライター1本となっていたこともあり、生活できるだけのお金が必要に。副業程度の仕事量では生活できないので、とにかく記事量重視で執筆していきました。

もちろん記事の品質も重要なので、平均的な質を維持しつつの量を重視して仕事に取り組みました。その結果、3ヶ月めぐらいで月収15万に。さらに、信頼度としては、もしかしたら低いかも知れませんが、一応実績も手に入れられるので、副業の方でも最初は量重視で記事を執筆したほうが良いでしょう。

 

記事は主にコタツ記事

1d32a844f919aafc58e7736473c04461_s

取材など自分が外に出向いてネタを集める記事とは反対に、ネット上や自分の知識、書籍などの情報を元に書くコタツ記事があります。実績が全くない状態ですと、単価が高く技術も求められる取材記事を書ける機会はほぼありません。

僕自身、取材案件に応募してもほとんど落とされていました。なので、必然的にコタツ記事を中心に仕事を中心にしていくことになりました。これでも、何とか生活できるレベルに稼ぐことは可能です。

僕の場合、コタツ記事を中心に書いていました。ただ、その合間に実績を作るために取材記事の応募も積極的に行い1つだけ合格。そこで得た実績は今も利用しています。コタツ記事を中心に仕事をするのもいいですが、信頼性の高い実績が欲しいのなら取材などレベルの高い案件にも目を光らせておきましょう。

arrow_orange[1]コタツ記事を書くための6つのコツについて詳しくはこちらへ

 

20万円までは記事の量と単価重視

844f59623d38bc4e8d34ced15eedbbb3_s

量だけを重視していては、労働時間も長くなり肉体労働にも近いしんどさがあります。ずっと1文字1円で仕事をしていくと、収入を増やすために寝る時間も削らなくてはならなくなり、『1人ブラック企業化』してしまいます。体力、精神に限界が来てしまえばライターを続けるのも困難になることも・・・。

僕の場合、その未来が見え始めていたので記事の量は意識しつつも、1文字2円など単価を上げるよう動きました。その結果、15万円の時と同じかやや少ない作業量で20万円を稼ぐことができました。

 

記事は主にコタツ記事でライバルの少ない案件中心

記事は15万円の時と同じコタツ記事を中心。ただ、単価を上げるために応募する案件を少し絞りました。主にライバルの少ない案件を中心に応募するようになったのです。例えば、ドローンなど専門家が少なく知識量の差も他のライターと並べられる案件などです。

ネットでの情報収集や書籍を読むなどある程度の勉強は必要になりますが、その分実績が少なくても情報収集力やある程度の文章力さえあれば書かせてもらえます。しかも、1文字1.5?2円ほどの高単価で。ただ、こういったオイシイ案件はクラウドソーシングで募集されるのは珍しいため、毎日案件チェックをし、募集されていたら、すぐに応募するようにしましょう。

僕の場合、こういった案件はなるべく見逃さず応募していたおかげで、実績は少なかったものの高単価の案件を執筆でき、収入アップにもつながっていきました。

 

30万円までは記事の単価を重視しつつ量をこなす

fb76a695b0871929546584a1262fcd61_s

20万円?30万円も上記でやってきた方法の角度を上げてやっていきました。特に力を注いだのは単価を上げること。単価が上がらなければ、労働力を上げるしか方法がなくなる上に労働力には限界があるからです。

その点、単価には限界がないです。なので、量をこなしつつも記事の単価を上げる方に力を注いだほうが効率的と考え行動していきました。その結果、ライターを始めて9ヶ月目で30万円に到達することができました

 

高単価な直接依頼の案件を中心に作業

クラウドソーシングでたまに1文字5円とかの高単価の案件が募集されていることがあります。提案が通ればかなりありがたいのですが、かなり難しいです。というのも、自分よりも実績のある人が応募しているだけではなく、ライバルの数もかなり多くなるからです。実績が少ない状態では圧倒的に不利・・・。なので、私は知り合いの紹介などで、高単価の直接依頼をゲットしていきました。その時やったのは、

・人が集まりそうな会に積極的に参加
・名刺を作っておく

の2つです。正直ここはかなり運の要素も強くなるので、『おすすめ!』とはならないのです。ただ、なるべく人と交流しておいた方が良いです。知り合いが多くなれば、人づてに高単価の案件が回ってくることがよくあるからです。

僕自身、運もあり知り合い経由で取材や雑誌の案件をゲットし、収入アップにつなげています。

 

現在は取材案件を中心に記事の質を高めている

f7b35e4b828d98c7b0a6efc171fc730f_s

現在ライターになって11ヶ月目。今は取材案件が楽しいという理由で、主に取材案件を中心に仕事をしています。実績も積み重なってきてくれたおかげで、応募の勝率は6割程度となりやってみたいなー、と思った仕事はそれなりにやらせてもらえるようになりました。

 

記事の質やキャラを重視し記事作成

今は取材中心ですが、コタツ記事も書いています。単価はピンきりとなっていますが平均1文字約2.5円。

執筆では、これまでの経験を活かして、量よりも記事の質自体を上げるよう意識して書いています。さらに、体験レビューなどの案件では体験したことを細かく伝えるだけではなく、書き手のキャラを意識しエンターテイメントとして楽しく読めるように意識して執筆しています。

そうすることで、読者の方からもこの人の記事だから読みたいと思ってもらえれば、僕だからこそ仕事をお願いするという状況を生み出せる可能性が上がります。

そういった考えもあり、今回は真面目な雰囲気で書いていますが、砕けて書いていい場合はキャラを前面に押し出して楽しく読んでもらえるように書いています。

 

まとめ

これまでの軌跡と現在の状態は以上となります。こうやって見返してみると、そうそうに単価を上げることを意識してきた結果、収入アップに繋がったのかなと思います。

ただ、現在は仕事をコタツ記事から取材経仕事をシフトしている途中ということもあり、やや収入は落ち込んでいます。

このように、ライターの収入は安定しづらいというデメリットもありますが、稼げるのは間違いありません。もしこれから副業でもライターになろうかと考えているのなら、今回説明したことを参考に1歩踏み出してみてください!

この記事を書いた人

HNがねりん(本名:海金 寛喜)
HNがねりん(本名:海金 寛喜)
・18歳から芸人を志し、バイトをしながら極貧生活。
・芸人を辞めたあともカラオケ→カフェ→パチンコとバイトを渡り歩き毎月10万円でカツカツの生活を送る

現在は以前からコツコツやっていたライター業で独立し、日々さまざまな記事を書いています。このサイトでは主に節約情報を発信しています。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ