あなたはどっち向き?個人ブログ作成と依頼される記事の違いを現役ウェブライターがお伝えします

955895

ライティングを仕事にする上で大きく分けて2つの分かれ道があります。クライアントから依頼されて記事を書くか、自分の媒体として個人ブログを作り記事を書くかです。

私の場合は前者を中心にライティングを行っていますが、ブログを中心にライティングをしていくのもおすすめです。かなり好みが別れるところでもあるので、どちらが自分に向いているのか考えるキッカケとして、今回は個人のブログと依頼される記事の違いを紹介していきます。

個人のブログと依頼される記事の違いは?

x-default

個人でブログを作るのと仕事として依頼される記事を書くことの大き違いは以下の通りです。

・書く内容の自由度の違い

・納品したら自分で編集できない

・金銭が生まれやすい

・ブランディングのしやすさ

・やりたい仕事に繋がりやすい

挙げていくだけでもこれだけの違いがあります。なので、絶対個人のブログを中心に記事を書いた方がいい。依頼された記事を中心に書いたほうがいいとは断言できません。

好みが大きく反映される点でもあるので、吟味して決めましょう。そこで、次の項目では、各違いをもう少し掘り下げて説明していきます。

 

書く内容の自由度の違い

x-default

まず書く内容の自由度が大きく違います。ブログの場合だと、何をテーマに書くかなどは自分次第となっています。なので、ふと「こんな記事を書いてみたい!」と思ったことを記事にすることが可能です。

逆に依頼されて書く記事は、どういった仕事を受けるかは自分で選べるのですが、内容に関してはクライアントからの指示に従う必要があるので、自分が書きたいことを書くことは少し難しいです。

元から書きたいことがたくさんある人なら個人のブログの方がおすすめです。仕事として記事を書きたいという方は依頼された記事を書く方がいいでしょう。

 

納品したら自分で編集できるかどうか

Basic RGB

個人のブログの場合、記事を編集するのも自分の仕事です。この文は強調したい。ここに写真を入れたいなど自分の思う通りに編集することができます。

なので、自分の完成を文章に反映しやすいため、納得のいく記事を作ることが可能です。依頼された記事の場合だと、編集などは別の方が担当していることがほとんどのため、編集結果などは事後報告となります。

投稿された記事を見て「ここはこうしてください」などの注文はつけられることがありますが、自分の自由で編集できるわけではありません。

編集自体は非常に面倒な作業でもあるので、苦手な人にとっては依頼される記事がおすすめです。ただ、自分の思った通りの記事を作りたいのなら、個人のブログが向いています。

 

金銭の生まれやすさ

697109

ライティングをするうえでお金が生まれるかも重要なポイント。正直、個人のブログでの収益化は非常に難しいです。ブログがそれなりに有名にならない限りは、ほぼ無報酬で書く覚悟がなければいけません。

私自身、現在趣味のブログを持っているのですが、1年以上書き続けてようやく月3000円程度のお金になりました。もちろんやり方によってはもっと収益化はできるのですが、手間もかかり難易度は高いといえます。

依頼された記事だと、元から仕事として記事を書くことになるので1記事2,000円などお金が発生します。なので、仕事を取れば取るほどお金になり、ライターを始めて1ヶ月で10万円を突破するのも十分可能です。

もちろん報酬に大なり小なりはありますが、個人のブログよりもお金になりやすいのは確実。楽しみよりも、まずはお金が重要だと考えるのなら、依頼された記事を書くのをおすすめします。

 

ブランディングのしやすさ

997243

ライターとしてスキルアップしていく場合、自分自身にファンを作ると非常に有利です。そこで必要なのがブランディングです。個人ブログだと、自分の好きなように文体や編集を行うことができるので、キャラ作りなどがしやすく効率的にファンを増やしていくことができます。

逆に依頼されて書く記事だと、文体などもクライアントに指定されることがほとんどで、編集作業も別の方が行います。なので、どの記事も他の同じ案件を受けている人と似たり寄ったりになってしまいます。

依頼される記事の中には自分が企画して自分の書きたい記事を執筆できるものもあるので、ファンがつかない訳ではないのです。しかし、あまり募集されていない上に人気案件なので、ライター初心者が案件をゲットするのは難しいです。そういった事情もあり、依頼された記事はファンができづらいといえるでしょう。

ブランディングを重視するのなら、個人のブログで自分のファンを作った方が、企業からライティングの相談も受けやすくなり、効率的にスキルアップすることができます。

 

やりたい仕事に繋がりやすい

856432

依頼されて記事を書く場合、自分の好きなジャンルで書くのはほとんど無理です。依頼される記事だと書くジャンルは、現在応募している案件の中で探すこととなります。仮に好きなジャンルに近い案件の応募がされていたとしても、書けるのかどうかは不透明です。場合によってはそもそも好きなジャンルの案件自体ないことも十分ありえます

だからといって、好きなジャンル以外の記事を書いていても、やりたい仕事へはつながっていきません。もし書きたいジャンルがあるのなら、依頼された記事を書き続けるのは非常に遠回りとなります。

逆に個人のブログだと、テーマも自分で決めることができるので好きなジャンルの記事を好きなだけ書くことができます。そして書いた記事が注目されれば、好きなジャンルで大きいメディアから記事作成の依頼が来る可能性も十分にあります。やりたい仕事、書きたいメディアがあるのならブログで記事を書く近道です。

 

まとめ

自分で記事を書くか、誰かに依頼されて書くか。これらを大きくまとめると、自分の好きなように記事を書いて仕事に繋げたいのなら「個人のブログ」、まずは仕事としてお金をもらいたいのなら「依頼された記事」を中心に書いていって方がいいということになります。

必ずしもどちらかで無ければいけないわけではなく、私自身個人ブログと依頼された記事は2:8の割合で書いています。

これから記事を書いていこうと考えているのなら、今回説明してきたことを参考に、どちらに比重を置くのかを決めて記事を書いていきましょう。

この記事を書いた人

HNがねりん(本名:海金 寛喜)
HNがねりん(本名:海金 寛喜)
・18歳から芸人を志し、バイトをしながら極貧生活。
・芸人を辞めたあともカラオケ→カフェ→パチンコとバイトを渡り歩き毎月10万円でカツカツの生活を送る

現在は以前からコツコツやっていたライター業で独立し、日々さまざまな記事を書いています。このサイトでは主に節約情報を発信しています。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ