【副業】クラウドソーシングで月収10万円を稼ぐ為の方法と8つの注意点を紹介

クラウドソーシングで10万円稼ぐ方法

副業をする方法の1つがクラウドソーシングで記事作成を行うことです。ただ、記事作成をするにしてもどれだけ稼げるのか想像できなければ、やろうという気になりませんよね。

さらに、闇雲に記事作成をしていたら、安い案件に掴まされて消耗してしまうことも・・・。そんなのは嫌ですよね。せっかく記事作成をするのならしっかり稼いで、生活を楽にしたいと思うのも当然!

今回は私自身が実践して10万円を稼いだ方法と文章を書くコツについて説明していきます。

初めての記事作成の時はどんな案件を選んだか?

0bdb56ae204bee60ea49e921bbec24ad_s

クラウドソーシングにはさまざまな依頼があります。単価が安いものから高いものや種類など全部の依頼に目を通すのも一苦労です。ただ、闇雲に依頼を受けていっても月収10万円に到達するのは難しいです。

あまりに単価が安い依頼だと、仕事量が増えるだけであまり稼げません。なので、どんな案件を選ぶかも重要です。私自身、現在はライターとして生計を立てていますが、最初は0円の状態からスタートしました。

0円の状態から10万円を稼ぐために、どんなことを意識して案件を選んだのかは以下の通りです。

・大量発注の依頼

・文字単価は1円〜

・プロジェクトの依頼が中心

この3点が10万円を稼ぐために意識する点です。これの詳細については次の項目で解説します。

 

大量発注の依頼を選ぶ

f8612c69127fcc702176f5a3ad0efc6d_s

依頼は大量発注のものを選びましょう。発注が多ければ1人あたりが請け負える仕事量は増加します。仕事量が増加すれば、少ない案件数でも稼ぎやすくなり、依頼を探す手間も減るのでおすすめです。ただ、1点注意が必要なのが、1つの依頼に頼り過ぎないようにしましょう。

大量発注の依頼でも、いつか終わりが来ます。1つの依頼に頼っていると、もし案件終了になった場合、収入がなくなってしまいます。収入0のリスクを減らすためにも、依頼は3〜4件に分散して受けるようにしましょう。1件の依頼あたり2〜3万円稼ぐことができれば、10万円近く稼ぐことも十分可能です。

 

文字単価は1文字1円〜が最適

940c97e31df5841a93050369b29020b1_s

記事作成の際の費用は、文字単価で支払われる場合が多いです。単価の目安は1文字1円〜を目安に探していくのがおすすめです。1円以下だと書いた量を下回る金額になるため、労力と報酬のバランスが悪く、記事を書くモチベーションを保ちづらくなります。

さらに、1文字1円は平均的な単価となるので、まだ経験が浅くても手が出しやすいです。私自身、ライターを始めた当初は1文字1円以上の依頼を中心に記事を作成していました。

実績が無くても依頼を受けることができるので、ライティング初心者の方でもおすすめです。2000文字の記事を1日2記事書けば4000円。毎日書けば12万円を稼ぐことが可能なので、挑戦してみましょう!

 

プロジェクトのものを中心に選ぶ

240766d7c7eed62f6e1a68b272087fa0_s

クラウドソーシングの依頼は大きく分けると、

・タスク

・コンペ

・プロジェクト

この3つに分かれています。中でもプロジェクトの依頼は、上記で説明してきたポイントが盛り込まれた依頼が中心となっているので、自分に合った仕事を見つけやすいです。

私自身、現在抱えている仕事は全てプロジェクトでの依頼です。なので、月収10万円稼ぐのならプロジェクトに絞って依頼を見つけるのが、効率的となっています。

 

仕事を選ぶ際の注意点

d477b06356800ea49a3c644d143715dd_s

ランサーズなどのクラウドソーシングは、快適で安全に仕事が出来るように規約に違反する依頼者を積極的に取り締まっています。ただ、全依頼者が健全というわけではありません。中には怪しい依頼者もいます。なので、慎重に仕事を選ぶ必要があります。加えて、単価も意識しなければならないので、注意する点は多くあります。私自身は10万円以上稼ぐ上で意識している注意点は以下の通りです。

・タスクやコンペはやらない

・依頼者の評価を確認する

・テスト記事の単価が極めて安いと注意

クラウドソーシングで仕事始めたばかりだと、何が安全で何が危ないのかわかりませんよね。まずは上記の注意点を覚えておきましょう。各注意点の詳細は次の項目で解説しています。

 

タスクやコンペはやらない

078c1f05284a057394976db731de5428_s

上記でも説明したようにクラウドソーシングでの依頼は3つに分けられます。その際タスクとコンペの仕事を行うのはおすすめしません。タスクの仕事は他の案件よりも報酬が低く、時間をかけても大したお金にはなりません。

さらに、プロジェクトの場合は『応募→選考→採用→仕事開始』というステップを踏むのに対し、タスクは応募と選考、採用のステップがなく、早いもの勝ちで仕事が行われます。せっかく仕事をこなしたのに、納品する頃には案件が終了していることもあるあるです。

コンペはキャッチコピーなどを考え応募するという仕事形式です。報酬は採用された場合に1万円以上発生することもあるのですが、参加者が非常に多く競争率が激しいのが難点です。

コンペに応募しても何も得られず終わることもしょっちゅうあるので、仕事としては成立させるには難しいです。たまに応募するのもいいですが「当たればラッキー」という感覚で臨むのがいいでしょう。

 

依頼者の評価を確認する

5dfed77d663bbabd39abbe7233708fb5_s

依頼者の評価は依頼を受けるかどうかで重要な点です。飲食で言うところの口コミのようなものなので、実際に依頼を受けた人のリアルな評価が出ています。本当にこの依頼者の仕事を受けていいのだろうかの指標になるので、私もよく確認するようにしています。

中には評価がまだない依頼者もいますが、その場合は依頼を受けないのが賢明です。もしトラブルがあった場合、精神的に消耗する上にストレスも溜まります。仕事を逃す以上のデメリットがあるからこそ、少しでも評価で怪しいと感じたら応募するのは控えるようにしましょう。

 

テスト記事の単価が極めて安いと注意

d6dafde140fde54377a151a5952eeba0_s

依頼を受ける際、力量を見るためにテスト記事をお願いされることがあります。テスト記事の報酬は採用時と比較すると数百円程度安くなっています。報酬が下がるのはよくあるのですが、中には極端に安い場合があります。例を挙げるなら、本採用が2000文字で3000円なのに、テスト記事では同じ文字量で500円がよくあるパターンです。

ここまで安い場合は、応募するのを控えましょう。依頼者の中には不誠実な方もいます。テスト記事が極端に安いと、テスト記事だけ書かせて不採用にし、安価で記事を手に入れようと考えている可能性が高いからです。

多大な労力を払って僅かなお金しか得られないのは嫌ですよね。テスト記事の報酬が本採用の時と比べ、極端に安い依頼はなるべく避けましょう。

 

文章を早く・正確に書くコツとは?

265593d5bd73dba489e5b73502b4a539_s

クラウドソーシングで記事作成をしようと思っているけど、文章を書き方がわからないという方もいるのではないでしょうか。さらに、副業でライティングをするのなら、限られた時間の中で記事制作をすることになるので書くスピードも重要になります。実際に私が行っている文章を早く、正確に書くコツは以下の通りです。

・何について書いているのかを忘れない

・ブラインドタッチを覚える

初心者の場合、この2つを意識すれば、今までよりも早く正確に記事を書くことが可能になります。どのように練習すれば良いのかを次の項目で説明します。

 

何について書いているのかを忘れない

00bd0a70eaba666f9a772e0931620464_s

文章を書く上で重要なことは、何について書いているのかを意識することです。もしこの点を忘れてしまうと、話はあちこちに飛んでしまい、支離滅裂な文章が出来上がってしまいます。

主題とは外れた文章は、非常に読みづらく、依頼者からは質の低い記事と評価されてしまいます。低評価を受ければ、案件から降ろされてしまい低評価を付けられることも・・・。

低評価が付けば、別の依頼に応募しても受かる確率が下がってしまい、仕事ができなくなってしまうこともあります。なので、まずは記事のテーマを理解して、テーマに沿った見出しを作り、見出しに合った内容を書いていくようにしましょう。

何について書いているのかを忘れず意識すれば、多少文脈が変でも及第点の記事は書けるようになります。

 

ブラインドタッチを覚える

0f2890d83857f2d3e50d317c4ef807c2_s

副業で月収10万円を稼ぐには、限られた時間の中でいかにたくさん記事を書くかが重要です。ただ、1文字1円〜の依頼の多くは1記事2000文字など大量に書かなくてはなりません。

そのため、早いタイピングが必要になります。そこでブラインドタッチがおすすめ。指の位置をわざわざ確認しながらタイピングするよりも、早くタイピングできるため、大量の文字を打つ事ができます。慣れてくれば2000文字の記事も2時間程度で書き終わる事も可能です。私自身、現在はブラインドタッチができるのですが、明らかに記事を書くスピードは上がりました。

ブラインドタッチのトレーニングには、「寿司打」という無料のタイピングゲームがおすすめ。最初は難しいですが、慣れてくれば記事を作成する上で非常に便利な武器になります。1日10分だけでもいいので、トレーニングしていきましょう。

 

クラウドソーシングを駆使してで副業で月10万円を稼ごう!

d7c305480bef5e08546521a6b6bf6e10_s

現在、副業に注目が集まったおかげでライターの数は増えています。そして、依頼の数も非常に多く仕事は溢れている状態です。なので、今回説明してきた事を意識して仕事を探せば、10万円以上稼ぐことも十分可能です。

さらに、何について書いているのかを意識して文章を書いていけば、1文字1円以上の依頼をゲット出来るかも知れません。もしも副業で稼ぎたいと考えているのなら、記事作成に挑戦してみましょう!

この記事を書いた人

HNがねりん(本名:海金 寛喜)
HNがねりん(本名:海金 寛喜)
・18歳から芸人を志し、バイトをしながら極貧生活。
・芸人を辞めたあともカラオケ→カフェ→パチンコとバイトを渡り歩き毎月10万円でカツカツの生活を送る

現在は以前からコツコツやっていたライター業で独立し、日々さまざまな記事を書いています。このサイトでは主に節約情報を発信しています。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ