スマホとガラケー2台持ちで通信費月3千円節約|『ポケットWiFi』と『格安SIM』どちらがより得か徹底比較

001

スマホからガラケーに変更し、ガラケーは通話専用にして、スマートフォンは
メールやアプリを使うと毎月の通信料金が3000円節約する事が出来てしまいます。

arrow_orange[1]ガラケーとスマートフォンの2台持ちになると月3000円節約出来る理由については詳しくはこちら

解約したスマートフォンでメールやアプリを使える様にする為には
『ポケットWiFi』又は『格安SIM』が必要です。

どちらを契約してもスマートフォンでメールやアプリを使う事が出来ますが、
それぞれ一長一短ありますので、あなたにとって、『こっちの方がいいな。』
思える方を選ぶといいですよ。

では、『ポケットWiFi』『格安SIM』の違いを説明していきますね。

 

通信量の目安を知っておこう

これから『ポケットWiFi』格安SIM』の違いについて説明していくのですが、
その際に通信容量の話をします。アプリやLINEやYou Tube、フェイスブックやツイッターを
する時にインターネット通信に繋ぐ際のデータ量の事です。

ポケットWiFiや格安SIMには決められたデータ容量がありまして、決められた量を超えると
インターネットがほとんど使えなくなって、アプリも実質使えなくなります。

目安ですが一般的なポケットWiFiが使える通信量が7GBなので、
7GBの通信容量はどのくらいか説明していきますね。

 

7GB目一杯使用した場合

・HPの閲覧でしたら約50000ページ

・動画(YouTube等)を見るなら約30時間

7GBの通信量があればこのくらい見る事が出来ます。

 

1日あたりに直すとどのくらい使えるの?

7GBは1ヶ月に振り分けられる通信容量なので、
1日あたりどのくらい使えるか?というと

・HPの閲覧…1666ページ

・動画を見る…1時間

概ね上記の時間やページを毎日使う事が出来ますよ。
以上が7GBの概ねの目安となります。

 

毎月の通信量は格安SIMの方が安い

ポケットWiFiは最も安いYahoo!WiFiでも月額2480円なのに対して
格安SIMは最も安い500MBのデータ容量のプランだと、月額700円。

Yahoo!WiFiのデータ容量が7GBなので、単純比較は出来ないですが
ポケットWiFiの場合、データ容量を選べないのに対して、
格安SIMは500MBから10GBまで選べます。

ポケットWiFiのデータ容量に合わせた場合は
5GBの場合1580円、10GBの場合2520円と、
データ容量あたりにすると格安SIMがとても割安、という訳でもないのですが、

あまりパケットを使わない場合は断然格安SIMの方が
通信費を節約出来ます。

arrow_orange[1]格安SIMについて詳しくはこちらへ

 

ポケットWiFiなら家族で使い回したりPCと共有したりする事が出来ます

あまり容量を使わないのでしたら、『格安SIM』の方が安いのですが、
例外があります。

それは、『複数の人・機器』と併用する時

です。

格安SIMはスマートフォンの中に入れる為、
格安SIMを入れたスマートフォンにしか通信に使えません。

ですが、ポケットWiFiは違います。ポケットWiFi自体が電波の発信機なので、
スマートフォンで使いながら、さらにゲームで使い、自宅のパソコンにも使えます。

さらに、1台のポケットWiFiを家族が持っている複数のスマートフォンで使い回す、
といった方法も可能です。

複数人数、複数機器で使うのでしたら、格安SIMより、ポケットWiFiの方が
お得で通信費の節約となりますよ。

arrow_orange[1]ポケットWiFiについて詳しくはこちらへ

 

毎月5GB以上容量を使うなら『データ容量使い放題』ポケットWiFiの方がお得

基本的には格安SIMの方が毎月の通信費を節約出来るですが、
動画等を見る等して、5GB以上のデータ容量を使うのでしたら、

『ポケットWiFi』

の方がお得になる可能性が大きいです。

5GB以上のデータ容量を使う場合、Yahoo!WiFiに代表される
通常のポケットWiFiはデータ容量7GBなのですが、これだと
ポケットWiFiにしてもよくネットを使うのでしたらとても足りないですよね。

ですが、ポケットWiFiには、定額でデータ容量が無制限のポケットWiFiがあるんです。

そのWiFiは『WiMAX2+』です。
WiMAX2+のポケットWiFiはデータ容量無制限で使用する事が出来ますよ。
これでスマートフォンでネットを閲覧しまくっても安心ですね。

arrow_orange[1]データ使い放題の『WiMAX2』について詳しくはこちらへ

 

データ使い放題のポケットWiFiだと他のWiFiより月1500円程通信料金が上がる

WiMAX2+の使用料金は月額4000~5000円程かかり、Yahoo!WiFiと比べても
1500円程割高になりますが、データ容量を気にする事はなくなります。

データ通信量使い放題にしても、スマートフォン1台で運用した場合と
比較すると、約1000~1500円安くなります。データ通信量が使い放題に
なった上に、まだスマートフォン単体より安いのですから、言うことない
ですよね。

 

家の固定回線から『ポケットWiFi』にしたら月額7000円の節約も可能

いくら『データ容量使い放題』としても、
スマートフォンのパケット通信に使うだけだったらちょっと割高かも?
と思うかも知れません。

ですが、データ容量が使い放題という事はスマートフォンのパケットだけでなく、
家のパソコンも一緒に使う事が出来ますよね。

ポケットWiFiのデータ容量無制限は一部制約もあり、光回線等の固定回線と
比べるとやや通信速度は遅めですが、ネットゲームを1日何時間もしたり、
高画質の動画を見続けたりしない限り、十分快適にインターネットが楽しめます。

なので、ハードなパソコンの使い方をしていない限り、家の固定回線の
代わりにポケットWiFiを代用する事も可能なので、そうなると家のインターネット回線代、
約4000~5000円が丸々節約出来るのでその事を考えると『毎月7000円前後の節約』
繋げる事も可能です。

 

格安SIMの場合は『2台持ち』ポケットWiFiの場合は『3台持ち』となる

格安SIMの場合…ガラケー+スマートフォンの『2台持ち』

ポケットWiFiの場合…ガラケー+スマートフォン+ポケットWiFiの『3台持ち』

となります。持ち運ぶ機器の台数は少ない方が快適なので、
パソコンやゲーム機器にも繋げる事が出来るポケットWiFiの利点に
興味がないのでしたら、格安SIMを選ぶといいですよ。

arrow_orange[1]格安SIMについて詳しくはこちらへ

 

SoftBankだけはポケットWiFiしか選べない

ポケットWiFiよりさらに通信量が安くなる可能性がある格安SIMですが、

『SoftBank』

だけはSoftBankのスマートフォンに対応する格安SIM業者が1社も無い為、
選ぶ事が出来ません。なので、SoftBankユーザーは必然的に
ポケットWiFi運用の1択、となります。

ついでに私は?というとSoft Bank だった為、必然的にポケットWiFiを
使っていますよ。

arrow_orange[1]ポケットWiFiについて詳しくはこちらへ

 

『格安SIM』と『ポケットWiFi』どちらを選んだかいいか?のまとめ

あまり動画やネットを使わず使用機器を減らしたいなら『格安SIM』

checkmark月に5GBまでしか使わない

checkmark少しでも持ち運ぶ機器を減らしたい

なら格安SIMを選ぶといいですよ。

arrow_orange[1]格安SIMについてさらに詳しくはこちら

 

ガンガン動画やネットを使い家のパソコンのネットも一緒にまとめて使うならポケットWiFi

checkmark毎日スマートフォンで動画を1時間以上みたり、スマホゲームを常にする

checkmark家のパソコンも、スマートフォンの通信も全部1台でしたい

checkmark携帯電話のキャリアがSoftBank

ならポケットWiFiを選ぶといいですよ。

arrow_orange[1]ポケットWiFiについてさらに詳しくはこちら

この記事を書いた人

HNたけと(本名:坪江 英実)
HNたけと(本名:坪江 英実)
・高校卒業後、製造業として約7年勤務。
・『手に職をつけないと…』とケアマネージャーを目指し
介護職に転職。
・その後、介護福祉士・ケアマネージャーの資格を取得するも、
思っていたより給料が伸びず、副業開始。
・2014年に副業の月収が20万円を超え、12年間続けた
介護職を退職、独立。2017年時点で月収60~100万円程となる。
詳しいプロフィールはこちら

現在は介護職時代の経験や副業での知識を生かして給料が少ない
介護職でも貯金が出来る様になる、節約情報や副業について発信しています。

3 Responses to “スマホとガラケー2台持ちで通信費月3千円節約|『ポケットWiFi』と『格安SIM』どちらがより得か徹底比較”

  1. […] スマホとガラケー2台持ちで通信費月3千円節約|『ポケットWiFi』と『格安SIM』どちらがより得か徹底比較 […]

  2. […] スマホとガラケー2台持ちで通信費月3千円節約|『ポケットWiFi』と『格安SIM』どちらがより得か徹底比較 […]

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ