スマホとガラケー2台持ちで月3000円の節約する際に必要|オススメ格安SIMの紹介

オススメ格安SIM

スマートフォンからガラケーに契約変更し、ガラケーを通話専用にするだけで
月々の通信費は8000円から2000円前後と約6000円の節約になります。

ですが、このままだと通信費を節約出来るのはいいのですが、スマートフォンで使えた
アプリは使えない、ネットは見れない、動画も見れない、メールすら満足に出来ない、
と恐ろしく不便になってしまいます。

いくら節約出来るからって出来る事を減らしてまで節約したくないですよね。
でも、実はスマートフォンとガラケーを2台持ちする事によって、
出来る事を一つも減らさずに月3000円も通信費を節約出来る方法があったんです。

arrow_orange[1]ガラケーとスマートフォン2台持ちで月3000円節約出来る訳についてくわしくはこちら

今まで契約していたスマートフォンを解約してガラケーに切り替えるのですから、
そのままでは当然、手持ちのスマートフォンは『ただの箱』です。

スマートフォンでアプリを使ったり、ネットを見たり、動画を見たり出来る様にするには
『格安SIM』『ポケットWIFi』が必要です。

arrow_orange[1]格安SIMとポケットWiFiどちらがより得かの比較についてはこちら

今回は『格安SIM』の方がお得!と選んだ際にイチオシの格安SIM会社が
あるので、オススメ出来る理由と一緒に紹介しますね。

 

格安SIMなら『mineo(マイネオ)』が超オススメ

どこの格安SIM会社もそれほど変わらないのですが、その中でも
誰にでも自信を持ってオススメ出来るのが『mineo(マイネオ)』です。

では、これから何故『mineo(マイネオ)』が誰にでも
オススメ出来るのか説明していきますね。

 

素晴らしく分かり易いホームページの説明

『mineo』以外の格安SIM会社のHPに行ってプランを選ぼうとして、ホームページを見てみたら
本当によく分かりますが、とにかく、『ものすごく分かりにくい』です。

この分かりにくさは『いじめられているの?』と思える程。
10社程の格安SIM会社のHPを見て、まだ分かりやすかったのは楽天モバイルですが、
この楽天モバイルも、『mineo』の分かりやすさから比べるとまるで『全然駄目』って
感じです。

他の格安SIM会社については、もはや『登録して欲しくないの?』
思えるレベル。

分かり難い説明で、半分意味も分からないまま契約して、結果思っていたのと
違う契約内容になっていた…では困りますよね。

正直、格安SIMの使い勝手はどこの会社もどんぐりの背くらべなので、

『他社を寄せ付けない圧倒的な分かり易さ』

この事が『mineo』を強くオススメ出来る一番の理由です。

 

docomoでもauどちらのスマートフォンでも使う事が出来る

mineoは、docomo、auどちらの携帯電話会社でも契約する事が出来ます。
他の格安SIM会社の場合、色々調べた末、さあ契約に進もう、と
思ったら、auだけだった、とかdocomoだけだった、という事があるんですね。

mineoの場合、docom、auどちらにも対応しているので、
『自分の携帯電話が対応してなかったらどうしよう』という心配
しなくていいから、オススメですよ。

SoftBankの場合はどうすればいいの?

非常に残念な事に、SoftBankで使える格安SIM会社は現在存在していない(2016年7月時点)ので
mineoに限らず、どの格安SIMも使う事が出来ません。なので、SoftBankの場合、
格安SIMではなくて、ポケットWiFiで運用する事に鳴ります。

arrow_orange[1]オススメのポケットWiFiについて詳しくはこちらへ

 

SoftBankでも格安SIMを使える方法はありますがオススメ出来ません

SoftBankではそのまま使える格安SIMが無いので、『SIMロック解除』を行い
どの通信会社でも使える状態にすればdocomoやauの格安SIMが使える様になります。
しかり、SIMロック解除に3000円かかり、しかも解除出来ない機種も多数あるので
あまりオススメは出来ません。

 

すぐに解約しても違約金が無い

電話として使う場合は1年間転出手数料が12420円かかりますが、
データ通信の場合はいつ解約しても無料!

いつ解約しても違約金がないのはとても嬉しいですよね。
だから、mineoがオススメ出来るんです。

 

他社と比べて3つのメリットがある、だから『mineo』がオススメ

checkmark非常に分かり易いホームページ

checkmarkdocomoでもauでも申し込みが出来る

checkmarkいつでも解約出来る(データ通信の場合いつ解約しても違約金無し)

だからmineo がオススメなんです。

arrow_orange[1]ドコモ端末もau端末もそのまま使える!【mineo(マイネオ)】

 

『mineo』で格安SIM申し込み時の注意点

プランは契約している通信会社を選ぶ

mineoでは、auプランとドコモプランがあるので、
あなたが加入していた通信会社を選びましょう。

 

何故解約しているのに、加入していた通信会社のプランに入らないといけないのか

解約したスマートフォンとはいえども、そのままだとSIMロックといって
他の通信会社のSIMだと使えない仕組みとなっている為です。
お金を払えばSIMロック解除出来るスマートフォンもありますが、出来ない物もあります。
また、SIMロック解除に3000円かかります。

そんな余計なお金はかけたくないので、それぞれの通信会社に合ったプランを
選ぶ、という訳ですね。

 

選ぶタイプはシングルタイプ

通話はガラケーで行うので、格安SIMに必要な者は『データ通信』のみです。
なので、タイプは必ず『シングルタイプ』を選ぶ様にしましょう。

 

SMS(ショートメール)は『申し込まない』を選ぶ

SMS機能を選ぶ、という選択肢がありますが、SMSはガラケーでも使えますし、
スマートフォンなら、メッセージや通常のメールを使用する事が出来るので
SMSの必要性はありません。

なので、『申し込まない』を選びましょう。

※SMSとは…ショートメッセージサービスの略称です。相手の電話番号さえ
分かれば約70文字のメッセージが送受信出来るサービスです。

データ容量のコースは3GBが一番オススメ

シングルプランのデータ容量コースの料金一覧

データ容量 月額料金 1GBあたりの料金(コスパ)
500MB 700円 1400円
1GB 800円 800円
3GB 900円 300円
5GB 1580円 316円
10GB 2520円 252円

とデータ容量によって値段が変わります。
格安SIMを選んだ、という事はあまりデータ通信量を使わないと思われるので、
容量の少ない中では最もコストパフォーマンスの高い『3GB』が一番オススメですよ。

『3GB』を言われても通信量がどのくらい使うか良くわからない場合は、
Y!mobileの一覧表が見やすいのでそちらの表を見ると概ねの目安が分かりますよ。

arrow_orange[1]データ通信量の目安を確認するならY!mobileのページへ

 

SIMカードのみで『端末を購入しない』を選ぶ

端末は手持ちのスマートフォンを使用するので『SIMカードのみ』
『端末を購入しない』を選びましょう。

 

mineoのシングルタイプに加入するなら

以上が格安SIM『mineo 』の説明になります。
mineo 』に加入して、ぜひ通信費を節約して、お小遣いを増やしたり、
将来の貯蓄にまわしていって、より豊かな生活をしていきましょう。

arrow_orange[1]mineo シングルタイプ 3GBはこちらから加入出来ます

この記事を書いた人

HNたけと(本名:坪江 英実)
HNたけと(本名:坪江 英実)
・高校卒業後、製造業として約7年勤務。
・『手に職をつけないと…』とケアマネージャーを目指し
介護職に転職。
・その後、介護福祉士・ケアマネージャーの資格を取得するも、
思っていたより給料が伸びず、副業開始。
・2014年に副業の月収が20万円を超え、12年間続けた
介護職を退職、独立。2017年時点で月収60~100万円程となる。
詳しいプロフィールはこちら

現在は介護職時代の経験や副業での知識を生かして給料が少ない
介護職でも貯金が出来る様になる、節約情報や副業について発信しています。

2 Responses to “スマホとガラケー2台持ちで月3000円の節約する際に必要|オススメ格安SIMの紹介”

  1. […] アンドロイドのスマートフォンなら特に何もする必要はありません。 そのまま格安SIMやポケットWiFiを使用すれば、通話は出来ませんが、その他の メールやライン等は全て使える様にな […]

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ