【節約術】メール解約後も使えるiPhoneアプリ『メッセージ』を使ってメール代を節約しよう

メッセージ

私は通信費が毎月3000~4000円は節約出来る為、iPhoneからガラケーに
乗り換えました。

1回だけの支払いならともかく、毎月3000円の節約は大きいですよね。
1年に直すと36000円にもなります。

毎月給料が3000~4000円増えたのと同じなのですから。
それだけの節約がガラケーに乗り換えるだけなので本当、オススメですよ。

arrow_orange[1]ガラケーに乗り換えると何故通信費が3000円も節約出来るの?詳しくはこちら

ガラケーに乗り換えの際にiPhoneを解約すると、
メール機能はまったく使えなくなる、とずっと思いこんでいたのですが、
実は『メッセージ』『メール』アプリは解約しても使えるんですね。

『メッセージ』『メール』を上手に活用すれば、あなたの使用環境によっては
携帯会社のメールサービス(MMS・SMS)も不要となり、 毎月のメール使用料金300円
とメールの送受信の際にかかるパケット料金も節約出来るかも知れませんよ。

では、iPhone解約後に使えるメール機能と使えなくなるメール機能、
そして『メッセージ』の解約前と解約後の違いや活用方法を
伝えていきますね。

 

iPhoneを解約したら、以下のメールサービスが使えなくなります

・SMS(ショートメール)

・MMS(マルチメディアメーッセジングサービス)

※1 SMSとは…電話番号だけで送る事が出来るメールの事。70文字前後の文字が打つ事が出来ます。

※2 MMSとは…各携帯会社のアドレスを使用して使う事が出来るメールの事。文字数の使用制限はなく、 画像も送信出来ます。

iPhoneを解約すると、以上2種類のメールサービスが使えなくなります。

解約するとiPhoneで使えなくなるSMSとMMSはですが、
SMSは機種変更したガラケーで使えますし、MMSは毎月300円(税抜き)の料金が
かかりますが、同じメールアドレスのまま、機種変更の際にガラケーに移す事も可能です。

 

iPhoneを解約しても以下のメールサービスは使用可能です

メッセージメールアプリ

・iMessage(メッセージ)

・メール(パソコンメール)

のアプリは、解約してもiPhoneでは、iMessage(メッセージ)とメール(パソコンメール)
は引き続き 使用する事が出来ます。

解約しても使う事の出来る2つのメールアプリですが、 今回は
『iMessage』の特徴と使い方について説明して
いきますね。

 

『メール』の特徴と使い方については別ページにて詳しく説明しています

iPhoneを解約しても使えるメールアプリ『メール』について詳しくは
別ページにて詳しく説明しています。

arrow_orange[1]『メール』について詳しくはこちらへ

 

iMessage(メッセージ)の特徴と使い方

iMessage(メッセージ)ってどんなメールサービス?

iMessage(メッセージ)とは、
iPhone、iPad、iPod touch同士なら無料で送受信出来るメールサービス
となります。 この画像の緑のアイコンがiMessageですよ。

基本的にはiPhone、iPad、iPod touch以外のスマートフォンやガラケーには
対応しておらず、送受信は出来ません。

 

各携帯会社と契約しなければ、iMessageはどんな携帯電話からも送受信出来る

『え、ちょっと待って。普通に相手がガラケーやスマートフォンでもiMessageでメール送れたけど…』

と思ったと思います。私も今までiMessage でガラケーやスマートフォンの方相手に
iMessageガンガン送っていました。

iMessage(メッセージ)は、携帯会社と契約している時は、自動的にSMSやMMSに変換して
送信する機能がついています。 なので、iMessageから、誰にでも、どんな携帯にでも
メールが送受信出来るのですね。

 

解約するとiPhone、iPod、iPod touchにしか送れなくなる

なので、iPhoneを解約すると、SMSとMMSが使用出来なくなる為、SMSやMMSに
変換出来なくなる為、本来の相手、iPhone、iPod、iPod touchにしかメールの送受信が
出来なくなってしまうのです。

 

つまりiPhone同士なら同じようにメールの送受信が出来るという事

つまり、逆に言うと、『iPhone同士なら今まで通りメールの送受信が出来る』という事です。

私なんかは、『解約するとiMessageはまったく使えなくなる』と思い込んでいたので、
携帯電話をスマートフォンからガラケーに変更した事を伝え忘れた友人からの
メールを受信した時には本当に驚きましたよ。

 

iMessage豆知識

ついでにSMSやMMSから送信された時は吹き出しが緑色、
iMessageから送信された時は吹き出しが青色になりますよ。

 

相手がiPhoneの友人だけならガラケーのメールサービス(MMS)を解約するのもあり

iMessageはiPhone同士だと、解約しても全て無料で、今まで通りにメール出来てしまうので、
周りの友人がiPhoneの場合は、ガラケーのMMSを解約してもいいかも知れないですよ。
メールサービスを解約すると、毎月300円(税抜き)が節約出来るので、
検討する価値は十分です。

arrow_orange[1]実際にMMSを残してから結果解約した理由とは…詳しくはこちら

 

『メッセージ』についてより詳しい事を知りたいのなら

メールやメッセージについて詳しくは『iPhone入門』の記事にて詳しく
書かれています。

arrow_orange[1]メッセージの機能等について詳しくは『iPhone入門』に書かれています

 

『メール』を使えばどんな携帯電話からも送受信出来、メール代も無料になります

iPhoneを解約した後に、残っているもう一つのメール機能、『メール』 アプリを
を使用すれば、毎月の固定量もなく、メールの送受信も全て『無料』で
出来ていまいます。


arrow_orange[1]メール代が無料で送受信出来る『メール』アプリについて詳しくはこちら

この記事を書いた人

HNたけと(本名:坪江 英実)
HNたけと(本名:坪江 英実)
・高校卒業後、製造業として約7年勤務。
・『手に職をつけないと…』とケアマネージャーを目指し
介護職に転職。
・その後、介護福祉士・ケアマネージャーの資格を取得するも、
思っていたより給料が伸びず、副業開始。
・2014年に副業の月収が20万円を超え、12年間続けた
介護職を退職、独立。2017年時点で月収60~100万円程となる。
詳しいプロフィールはこちら

現在は介護職時代の経験や副業での知識を生かして給料が少ない
介護職でも貯金が出来る様になる、節約情報や副業について発信しています。

One Response to “【節約術】メール解約後も使えるiPhoneアプリ『メッセージ』を使ってメール代を節約しよう”

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ