【節約術】iPhoneの『メール』アプリで毎月の通信費が300円節約出来るかも|設定方法・注意点も掲載

メールアプリ

私は毎月の通信費が約3000円の節約となるので、
iPhoneからガラケーに機種変更しました。

特に『通信費の節約』は毎月の事なので、
とても大きいです。

スマホやiPhoneからガラケーに変更するだけで毎月の給料が3000円UP
するのと同じ、という事ですよ。

arrow_orange[1]ガラケーに変更すると何故通信費が3000円も安くなるの?詳しくはこちらへ

私は、iPhoneから携帯電話のメールアドレスもガラケーに移して、メールの送受信も
ガラケーで行っています。

ですが、実際にガラケーでメールをしていると、色々な疑問点や運用してみると
問題点が出てきました。 なので、出てきた問題点とその解決方法をお伝えして
いきますね。

 

問題点1 ガラケーではメールを送受信するとその都度料金がかかってしまう

私のガラケーの契約プランは、『話放題プラン』と『メールサービス』だけです。
パケ放題では契約していないので、ガラケーでメールの送信・受信を行うと、
その都度メール料金がかかってしまいます。

※パケ放題を契約するとそれだけで約4000円程かかり、通信費の節約にならない為です。
(docomo、au、softbankどこも料金はほぼ一緒。)

文章だけだと、メール1通2円~5円程ですが、1回数円でもよくメールを使うのでしたら
50円、100円となりますし、画像や動画だと、たった30KB~50KBの画像でも100円くらい
の料金がかかってしまいます。

arrow_orange[1]メールの送受信の料金一覧はSoftBankのHPに詳しく書かれています

出来るなら、メールも『無料でメールし放題』にしたいですよね。

 

解約しても『メッセージ』と『メール』アプリは使用可能

メッセージメールアプリ

iPhoneは解約するとSMSとMMSの携帯会社経由のメールサービスは
使用出来なくなりますが、携帯会社と関係がない『メッセージ』『メール』
のアプリは使用する事が出来ます。

※1 SMSとは…電話番号だけで送る事が出来るメールの事。
70文字前後の文字が打つ事が出来ます。

※2 MMSとは…各携帯会社のアドレスを使用して使う事が出来るメールの事。
文字数の使用制限はなく、 画像も送信出来ます。

 

『メール』はパソコン用のメールアプリ

メールアプリ

iPhoneの『メール』はパソコン用のメールを使用する事の出来るアプリです。

『メール』アプリを使いパソコン用のメールを使えば、 パソコンメールと同様、
メールを何回送信・受信してもタダですし、 大きな容量の画像も、『無料』
送ったり受信する事が 出来ます。

今まで使用していたメールアドレスが変更となるので、メールアドレスを新たに
教え直さないといけないですが、 メールの送受信がタダ!になるので、メールを
多用するのでしたら、ぜひ導入していきましょう。

設定にもお金は1円もかからないので、『メール』の設定をしても
少なくても、あなたが損する事はないので安心ですよね。

私もiPhone用にGmailのアカウントを1つ作って使用していますよ。

 

パソコンメールの詳しい設定方法

パソコンメールの詳しい設定方法については、 SoftBankのHPに詳しく説明してあったので、
そちらの ページを参考にして設定して下さいね。

arrow_orange[1]パソコンメールの詳しい設定方法について詳しくはSoftBankのHPへ

 

MMSのメールを解約すると月300円以上の通信費の節約となります

iPhoneの『メッセージ』『メール』アプリを使えば SMSやMMSのメールは実質不要になり、
MMSの毎月のメール使用料金300円と メールの送受信のパケット代
(毎月数円~数百円程…使用容量によって変わる)を 節約する事が出来ますよ。

 

『メール』アプリ導入後、MMSメールを解約する前に検討するべき事

MMSメールを解約した場合でてくる問題点とは

ですが、だからといってMMSメールをいきなり解約するのは
ちょっと待って下さい。MMSを解約すると、2つの問題点が発生するので、
その点を一度読んでみて、MMSの解約をするかどうか 決めていきましょう。

 

問題点1 相手にメールアドレスを教え直さないといけない

MMSから『メール』アプリに変更した際は、当然友人等に新しいメールアドレス
を教え直さないといけません。以前のメールが使えないのですから。

複数の友人がいると、いちいちメール変更の連絡をするのも
面倒ですし、ちょっと疎遠になっている知り合いだと、メール変更の
お知らせを送るのも、気が引けてしまいますよね。

 

問題点2 リアルタイムでメールを受信出来なくなる可能性が高い

iPooneを解約すると、メールの送受信はポケットWiFiか格安SIMカード
を使用するのですが、通話と違い、メールは緊急の用事でない事が多い事から、
電池の持ちをよくする為、iPhoneやポケットWifiの電源を落としがちです、

特にポケットWiFiを使っている場合は、電源を入れっぱなしで使用すると
丸1日持たないので、なおさら、です。 つまり、iPhoneの電源を切っていたり、
ポケットWiFiの電源を 切っている間はメールが送受信できない、となります。

なので、リアルタイムでのメールのやりとり等を
しなくなってしまう可能性が高い、という事ですね。

 

まとめ:しっかり問題点も把握してメールの運用方法を決めましょう

checkmark『メール』アプリを使うとメールの送受信は無料

checkmark今まで使っていたメールを解約すると毎月300円以上の節約になる

checkmark今までのメールアドレスを解約すると問題があるので検討し解約、継続を決める

という事ですね。

 

メール運用の一例:私はMMSのメールを残す、という判断にしました

私の場合は、MMSを解約しない、という選択にしました。
疎遠になっている友人等にメールアドレスの変更を伝え直すのが
面倒と思ったから、です。

そして、よくメールを送信し合う親しい友人とは、『メッセージ』『メール』使って
パケット料金無料でメールや画像の送信をして連絡を取り合っています。

 

その後MMSのメールは解約へ

MMSメールを残して運用して約1ヶ月…。結論から書くと私には『MMSのメールは不要』という事が
分かったので、私はMMSのメールは解約する事にしました。

何故、MMSのメールを解約する事になったのか?私の体験からMMSメールを残す、から
MMSメールを解約に何故至ったか?について書いているので、MMSメールを解約するかどうか
悩んでいるなら、読んでみて下さいね。

私がMMSメールをやっぱり解約する事にした理由について詳しくはこちら(製作中)

この記事を書いた人

HNたけと(本名:坪江 英実)
HNたけと(本名:坪江 英実)
・高校卒業後、製造業として約7年勤務。
・『手に職をつけないと…』とケアマネージャーを目指し
介護職に転職。
・その後、介護福祉士・ケアマネージャーの資格を取得するも、
思っていたより給料が伸びず、副業開始。
・2014年に副業の月収が20万円を超え、12年間続けた
介護職を退職、独立。2017年時点で月収60~100万円程となる。
詳しいプロフィールはこちら

現在は介護職時代の経験や副業での知識を生かして給料が少ない
介護職でも貯金が出来る様になる、節約情報や副業について発信しています。

2 Responses to “【節約術】iPhoneの『メール』アプリで毎月の通信費が300円節約出来るかも|設定方法・注意点も掲載”

  1. […] iPhoneの『メール』アプリを使うと毎月の通信費が300円節約出来るかも|設定方法と運用の際の注意点も掲載 […]

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ