【お得情報】3000円前後の安くて高音質なおすすめイヤホン|ヨドバシカメラの全商品を試聴した結果発見

安くていいイヤホン (2)

電車や歩き等の移動中、音楽を聴いたり、You Tube等の動画を観たり、
スマホでネットTVを観る時に使うイヤホン。

正直、イヤホンにあまりお金をかけたくないですよね。
音楽が大好きで音質にまったく妥協できない、のならともかく、
普段通勤とか短い時間で音楽や音声を聴く程度ならなおさらです。

でも安いイヤホンを買ってしょぼい音質で、がっかりして損した気分
にもなりたくない…。

理想のイヤホンは?というと、値段が安くて高音質な物です。
そんな都合の良い、理想のイヤホンに出会うために実際家電量販店で
視聴したりして探してきました。そしてついに見つけることができました!

なので、今回は理想のイヤホンを探しまくっていて分かった事と『安くて高音質』
そんな願いを叶えてくれるイヤホンについて紹介していきますね。

 

高級イヤホンと安いイヤホンの価格差の違いとは?

イヤホンを一つ取ってもその価格差はかなり大きいです。
安いものだと100円ショップで買えるものもあれば、
10万円もする超高級イヤホンまでさまざま。

実際のところ安いのと高いものではどんな差があるのかを
説明していきますね。

 

実は値段で大きく変わるのは音質以外の部分

実はイヤホンの価格を大きく左右する部分は、音質以外の部分なのです。
いいイヤホンを買えば良い音質で音楽を聴けると思っていたのですが、
実はそうではありません。

なので、5,000円のイヤホンと10,000円のイヤホンでは音質は
値段が倍も違うのにほとんど音質は一緒なんですね。

実際値段により変わるのは耐久性や、音漏れへの対策、イヤホンの構造などです。

 

音質のクオリティはイヤホンより、音源そのものに依存している

音質は、音源そのものに大きく依存しています。だからこそ、
SONYを例に上げるとハイレゾなど音源そのものから音質を上げているものがあるんです。

ではイヤホンの役割とはなにかというと、音源を伝達する事です。
音源のクオリティーをどれだけ忠実に、もしくは魅力的に耳に届けるかが
イヤホンの主な役割となります。

なので、イヤホン自体には元の音質を向上させる力はほとんどなく、
音質に関しては、実は音源の質に大きく依存しているのです。

 

ブランドによって違うのは音の特色

ではオーディオテクニカであったりSONY、Beatsなどのブランドは
何でしのぎを削っているのかというと、それは音の特色です。
曲の中にある数々の音の中で何にスポットを当ててるかが違うんです。

例えばオーディオテクニカは音源のクオリティをいかに忠実に
耳に届けてるかを重視しています。

SONYだと先程少しだけふれた独自のハイレゾ音源をそのまま耳に伝えるように
作られていたり、よりポップに伝わるように高音などを耳に伝わる間に
いじっていたりします。

そしてBeatsだと音源の低音〜重低音をどのメーカーよりも目立たせ、音楽をより
グルービーに伝えられるように作られています。

なのでブランド品でしかも高いイヤホンだからといって
必ずしも高音質というわけではありません。

むしろ、安くてもいかに音を忠実に伝えようとしているかに注目していれば、
自ずと高音質で音楽を楽しめるイヤホンに出会うことが出来ます。

 

激安イヤホンは音質が悪く音漏れもして聞きづらいのでオススメ出来ない

しかし、だからといって100円ショップで売られているような激安イヤホンは
オススメ出来ません。イヤホンで価格は音質以外の部分にある、と伝えましたが、
あまりに安い激安イヤホンでは音源を上手く伝達が出来ないのです。

激安イヤホンの場合、音源を上手く伝達が出来ていないために、とっちらかった
質の低い音が耳に伝わってくることになります。

さらに音漏れがしやすいなど、機能の部分でも質の低さがでてしまいます。
もちろん音楽は聞けなくないのですが、遮音性もままならない事になり、
街なかでは雑音で音楽が聴こえてこないなど、問題が起こってしまいます。

せっかく外でも音楽を聴くためにイヤホンを買ったのに、外で聴けないなんて意味ありませんよね。
なので100円ショップで売られているような激安イヤホンはオススメ出来ません。

 

5000円以下のイヤホンでも一番オススメは『PHILIPS SHE9720』

clip_image004

激安イヤホンは使えませんが、5000円以下でいい音質のイヤホンは
意外にたくさんあります。その中でも、最もお買い得でオススメな
イヤホンが『PHILIPS SHE9720』です。

『PHILIPS SHE9720』が一番オススメな3つの理由

オススメ理由1:音のバランスが良い

音質は出来る限り音源のクオリティを保ったサウンドを流してくれているんで高音質なのですが、
この点は同じ値段帯のイヤホンならたいていクリアしています。

『PHILIPS SHE9720』の最大の魅力は音のバランスの良さです。
他の5,000円以下のイヤホンと比べて最も音のバランスが取れています。

音のバランスが取れている事にどんなメリットがあるのかというと、
どんなジャンルの音楽も楽しむことが出来るということです。

もしこれが重低音重視なら、ヒップホップやクラブミュージックを楽しむ分には問題ないのですが、
ポップスやバラードなど歌声も聴きたいなっていうときにゴリ押しされた重低音が邪魔になってしまいます。

楽しめないことはないんですが、どちらかと言うとジャンルを選ぶサウンドに
なってしまうという欠点があります。

『PHILIPS SHE9720』のようにバランスの良い音だと、
どんなジャンルの曲でも楽しむことができます。

実際に私自身、このイヤホンを今愛用しているのですが、ヒップホップからバラード曲に移っても
煩わしさや、合わないなという気持ちも感じることなく自然なサウンドで楽しむことができているので、
かなり気に入っています。

 

オススメ理由2:装着感は耳の奥まで入り、痛くなりづらい

あまりに安いイヤホンだとつけ心地が悪いなど、音質以外の点でも気になる部分が
あるものが多くなってきます。
耳が痛くなりやすかったり、あまり奥までイヤホンが入っていかなかったり等々・・・。

ただ、私が実際に『PHILIPS SHE9720』を使用してみて感じるのは、装着感は問題ないということです。

『PHILIPS SHE9720』は耳の穴の形に適し、少し湾曲したデザインになっているので、
すんなり入っていきます。そしてあまり耳とも擦れることが少ないので、長時間
着けていても問題なく快適に使用できるのは嬉しかったです。

ただ、装着感は個人差があるので、あくまで私の場合は、との事になりますが
安いのに装着感が良いイヤホンである事は間違いありませんよ。

 

オススメ理由3:3000円前後で買えてしまう安さ

『PHILIPS SHE9720』の気になるお値段ですが、
Amazonだと3122円となっています。(2017年1月15日時点)

5000円どころか、3000円前後で買えてしまうのは、
とてもありがたいです。

arrow_orange[1]『PHILIPS SHE9720』はAmazonで購入出来ます

 

『PHILIPS SHE9720』の問題点とは

問題点1:イヤホンの付け根の作りに不安を感じる

clip_image006

3000円代と安いだけあって、要所で耐久性に不安が残る部分があります

上の画像の様にイヤホンの付け根の部分を見てみると少し隙間が空いており、
強く引っ張ったり、どこかに引っ掛けてしまうと、すぐにでもちぎれてしまう
のではないかと不安になってきます。

なので今のところはちぎれてはいませんが、あまりコードの部分がダルンと
下がってしまわないように首の後ろからコードを通してイヤホンを装着するなど
工夫していますよ。

 

問題点2:メッキ部分の塗装がはがれやすい

clip_image008

『PHILIPS SHE9720』は4種類のカラーがあり、メッキ塗装されて
いるのですが、その塗装が剥がれやすいのも少し気になっています。

上の画像は使用してから1ヶ月程度なのですが、ところどころ赤色のメッキが
剥げてしまっています。
やはりこの部分に関してはある程度お金をかけないと作りの陳腐さは回避できないでしょう。

ただ、値段が安いのでこの点は仕方がない、しょうがないとは割り切っています。
肝心の音質はクオリティが高いので、そこを重視していれば気にならない点でもあります。

 

まとめ

私自身、今でも『PHILIPS SHE9720』を愛用していますが、その音質の良さやバランス感覚の良さなど、
わざわざ梅田ヨドバシで全てのイヤホンを試聴した上で買ってよかったなと満足しています。

試聴した時でも良かったと感じましたが。購入後、実際にずっと聞いている今でも
『やっぱりいい音のイヤホン』だと、再確認出来ましたよ。

もし安くて良いイヤホンを探しているなら、
自信を持ってオススメしますよ。逸品です。

もしもどんなイヤホンを買おうか悩んでいるなら、
PHILIPS SHE9720』を使ってみて下さいね。

arrow_orange[1]『PHILIPS SHE9720』はAmazonで購入出来ます

この記事を書いた人

HNがねりん(本名:海金 寛喜)
HNがねりん(本名:海金 寛喜)
・18歳から芸人を志し、バイトをしながら極貧生活。
・芸人を辞めたあともカラオケ→カフェ→パチンコとバイトを渡り歩き毎月10万円でカツカツの生活を送る

現在は以前からコツコツやっていたライター業で独立し、日々さまざまな記事を書いています。このサイトでは主に節約情報を発信しています。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ