介護士が確実に給料UP出来る5つの資格とは|体験談と難易度や収入も紹介

666642

介護職は給料が安いです。ちょっとでも給料を上げたいですよね。
介護職にはたくさんの資格があり、資格を取得する事で
手当が増えたリ、違う職種になれたりして給料UP出来ますよ。

私の体験や調べた事、聞いた話から、それぞれの資格の
メリットや難易度、給料UPの額等の話をお伝えしていきますね。

 

介護職が給料UP出来る資格1 介護福祉士

資格手当が1~2万円はもらえる

いわずと知れた、福祉実務系では唯一の国家資格です。
この資格を取得すると 、ほとんどの施設で『資格手当』が概ね1~2万円程つきます。

 

資格取得は大変だが、国家資格としては難易度は低め

難易度は決して低くはないですが、介護施設等で働きながらだと、
とても無理…という程高い難易度ではありません。

国家資格としては難易度は低めで、
しっかり準備して試験勉強すれば十分に試験には受かる事が
出来ますよ。

 

転職の際も有利になります

手当で即、給料UP出来るだけでなく、介護福祉士の資格があれば
転職の時も、好条件の所に行く事が出来ます。

好条件の介護職の求人は、『介護福祉士』の資格が
最低条件となっている事が多いです。

実務経験3年以上必要ですが、今後も介護業界で働いていくなら
必須の資格とも言えるでしょう。

 

介護職が給料UP出来る資格2 ケアマネージャー

ケアマネージャーは資格手当がもらえる施設もある

ケアマネージャーの正式名称は【介護支援専門員】ですが、
ケアマネージャーの言い方の方が浸透しているので、ケアマネージャー、と
書いています。

ケアマネージャーは国家資格ではありませんが、資格を取得するだけで
手当がつく所が多いです。額はだいたい1万円程。

特にケアマネージャーの仕事をしたくなくても、
手当がつく職場もあります。介護福祉士と合わせれば
手当だけで2万円以上もらえる場合もありますよ。

 

ケアマネージャーの試験の難易度は高いが取得出来ない程ではない

ケアマネージャーの試験の難易度はそれなりに高いですが、
働きながらでも、半年くらいしっかり勉強すれば、受かるくらいの
難易度ですので、受験資格の実務5年を得たなら取得したい資格です。

 

ケアマネージャーは『業務独占』の資格

又、ケアマネージャーは国家資格ではありませんが、
介護系の資格の中で唯一の『業務独占』の資格です。

国家資格である介護福祉士の資格は、資格が無くても
介護職に就職する事が出来ますが、ケアマネージャーの場合、
資格がないと職に就く事すら出来ません。

働きながらでも取得出来る介護系の資格の中では
唯一の『業務独占』の資格で、貴重な資格という事が
出来ます。

 

ケアマネージャーは相談・事務系の仕事に転職できるのが強み

体力的に限界を感じて介護職を続けられなくなった時は
書類や相談業務メインのケアマネージャーに転職する事も可能です。

 

介護職と給料はほとんど変わらない

給料は正直、介護福祉士を取得した介護職と同じくらいか
少し低いくらいです。(介護職は夜勤手当がある為)
給料UPの効果は高くないですが、就職先の幅が広がります。

実務経験5年+試験のハードルは高いですが、
ぜひ取得したい資格です。

 

介護職が給料UP出来る資格3 社会福祉士

社会福祉士は介護系資格の中では最高難易度

介護系資格の中では最も難易度の高い資格です。
試験を受ける為の条件のハードルも高く、
その難易度も介護福祉士やケアマネージャーとは比較に
ならない程の難易度となります。

努力したから、といって誰でも合格出来るものでは
ないくらいの難易度です。私は問題集等を見て、少し試験問題を
しただけで心折れましたよ。

 

給料・待遇の大幅UPも可能

社会福祉士の資格は、資格手当がつく所はほとんどありませんが、
この資格を活かせる相談業務の仕事に就く事が出来ると、
待遇も給料も大幅にアップします。

毎月30万円以上の手取りの給料も夢ではありません。

 

就職先が少ないのがネック

ただ、社会福祉士の資格が活かせる求人が少なく、
資格を取得したからといってすぐに就職出来る、という事では
ないという事です。

個人的には難易度が高い割には就職先が少ないので
無理して取得する必要はないのかな、と考えています。

 

介護職が給料UP出来る資格4 理学療法士

介護系の資格では大幅な給料UPは困難

私は『介護職』という枠の中では全職種平均程の給料を望むのは
実質難しいと感じています。

 

介護関連の医療職の資格なら給料UPも可能

なので、医療系の資格を取得し、そちらの職業に転職、という選択肢は
多いにありと思いますし、私も理学療法士の入学試験を受けたくらい本気で考えていました。

なので、ここからは私が実際に本気で資格取得を検討した
資格を紹介していきますね。

 

理学療法士は『リハビリ』のエキスパート

理学療法士は、リハビリのエキスパート職で、
病院が主な働き先となりますが、デイサービスや
介護老人保健施設でも需要があります。

 

理学療法士の給料は介護職+5~10万円程

手取り給料は介護職の給料+5万円、といった感じで
手取り25~30万円くらいみたいです。

 

激務ではない職場が多いのも魅力

ですが、介護職程は激務でないので年を取っても
続けられそうなのがいいですよね。

また大半の職場では9時~17時勤務で残業も少なめ
との話を聞いています。その点も嬉しいですよね。

 

理学療法士の就職先は今後少なくなっていく

理学療法士は、年々受講者が増加傾向で、
今後病院での就職は厳しくなっていくと思いますが、

介護職+理学療法士

という考えで就職先を考えるならまだまだ
需要はあると思います。

 

理学療法士の資格取得には専門学校必須 平均500万円程の費用が必要

理学療法士の資格取得の大きな問題は、専門学校に行かないといけなく、
最低3年、平均500~600万円の費用がいるという事です。

まず、正社員で働きながらの資格取得は不可能で
バイトやパートをしながらの資格取得となり、
金銭・時間的難易度がMAXなのが難点です。

 

介護職が給料UP出来る資格5 看護師

看護師は介護に関連する資格の中で最も給料UPが望めます

看護師の給料水準は高く、しかも需要がある医療資格です。
今も看護師は人材不足で今度も恐らく人材不足の状況は続くでしょう。

介護施設でも看護師の需要は高く、
病院で働くにしても、介護施設で働くにしても
就職先に困る事はないでしょう。

 

看護師は激務だが給料が多い病院と介護職の経験を活かせる介護施設どちらでも選べる

看護師は病院だと激務で高給です。ざっと病院の求人を見た感じだと
手取りで30~40万円はいくらでもある、という感じです。

そして、介護施設だと、給料は下がりますが
激務ではありません。
(だいたい介護施設だと手取り25~30万円前後が多い様です。)

介護職出身の看護師はほとんどいないのが
現状なので、介護職の気持ちが分かる看護師は職場でも
本当に重宝される事でしょう。

 

看護師は資格取得の為の難易度と費用も最高レベル

就職先に困らず、給料も高い看護師ですが、
こちらも理学療法士の問題と同じで専門学校に
最低3年は通わないといけない事です。

また、入学時にそれなりに高い学力が必要とされ、
高校卒業レベルの学力は必須です。

学生から社会人になったばかりならともかく、
5年、10年経ってからでは高校レベルの数学や英語など
ほとんど忘れていると思うので、
高校の勉強を一からする必要があります。

 

看護学校の実習は『地獄』らしい…

又、専門学校の看護実習は相当ハードな様で、介護施設や療養型病棟で
働いていた時に担当の看護師さんに実習の様子を聞いたりしていたのですが、
それはもう厳しくて、『何回も泣いた』
等の話をよく聞きました。

なので試験だけでなく、専門学校の実習も厳しいので
その点耐えれるかどうか、という問題もありそうです。

 

それでも年齢が若ければ【看護師の資格取得】にチャレンジするだけの価値がある

私は時間と金銭と年齢的な点から、(検討した時が35歳でした)
簡単に諦めてしまいましたがまだ20代なら、思い切って挑戦
してみてもいいと思います。

 

その他介護系資格

その他介護系資格で私が思いついたのは

・ガイドヘルパー
・福祉住環境コーディネーター
・福祉用具専門相談員
・介護事務

等がありますが、これらの資格は給料UPや転職に有利に働く事は
ほとんどありません。

中には資格がないと特定の仕事が出来ない資格もありますが
(ガイドヘルパー等)必要になってから取得しても十分に間に合います。

取得したいのでしたら取得していってもいいと思いますが、
自己満足に近い資格がほとんどなので無理して取得しなくても
いいでしょう。

 

給料UP出来る資格のまとめ

checkmark 手当がもらえる介護福祉士

checkmark 書類・相談業務が出来るケアマネージャー

checkmark 就職出来たら高給だが就職先が少ない社会福祉士

checkmark 時間と費用がかかるが待遇と給料が上がる理学療法士

checkmark 給料UPは確実!が難易度もMAXな看護師

checkmark 他の介護系資格はほとんど役に立たない

という事ですね。

 

最後は自分で情報収集して決めて下さい

あくまで私の経験や聞いた話からの事で、
少し昔の話になっていたり、正確でなかったりする可能性もあるので、
気になった資格がありましたら、しっかり調べて、身近な方からも。
色々話を聞いてみて、どうされるか決めて下さいね。

この記事を書いた人

HNたけと(本名:坪江 英実)
HNたけと(本名:坪江 英実)
・高校卒業後、製造業として約7年勤務。
・『手に職をつけないと…』とケアマネージャーを目指し
介護職に転職。
・その後、介護福祉士・ケアマネージャーの資格を取得するも、
思っていたより給料が伸びず、副業開始。
・2014年に副業の月収が20万円を超え、12年間続けた
介護職を退職、独立。2017年時点で月収60~100万円程となる。
詳しいプロフィールはこちら

現在は介護職時代の経験や副業での知識を生かして給料が少ない
介護職でも貯金が出来る様になる、節約情報や副業について発信しています。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ